[From Japan to the World, we offer the $1B company challenge] Interview with Y Combinator’s Partner, Kat Manalac


[Bay Area Investor Series] This time, we interviewed Kat Manalac who is a partner at Y Combinator, a world class accelerator that brought about DropBox and AirBnb. Talking about how YC became an excellent accelerator and their rigorous selection process, Kat Manalac gives valuable advice for Japanese startups that are challenged to join YC.



The YC community is thought to be for the next 100 years.



Interrogator (I): For those startups that are outside of the US, what sort of advantages do they have if they join YC?


Kat Manalac (K): There are a few points to mention. First of all, YC is a very efficient means for startups to expand their businesses from overseas to the US. Actually, there are many teams that are participating from outside the US. One example is Memebox from Korea, who participated in the last batch. Although they are originally from Korea, they did well and grew. In order to enter the American market, they chose to participate in YC. After that, they were able to receive a lot of support from us and were able to expand their business well. In the past, we were able to help bring about great products like Dropbox, Reddit, AirBnb, and others. I don’t think that other accelerators can offer that kind of knowledge sharing.


Secondly, one attractive point is that for startups abroad we offer access to top class investors in America. A lot of VCs from America follow the investments of startups abroad. After three months of a rigorous program, during the final Demo Day, about 450-500 investors gather and this makes it very efficient to approach investors. Without the connections of YC, I think it would be very rare for teams abroad to have those kinds of relationships. 


Lastly, ClearTax, which was a team based in India, had also joined the last batch. They were originally focusing on the domestic market in India but suddenly they had plans of expanding to the US which were originally not there. This kind of startup case is something that, in our policy, we support proactively.  We give universal advice on growth and fundraising, how to make a product that people want, creating your vision, anything related to coding, and any other problems that startups all over the world have in common.



I: What kind of teams do you support during the duration of YC’s program?


K: Within the YC program, we establish office hours for each group. For two weeks, groups meet about 5-6 times with partners that provide mentoring.  It’s a chance for other teams to share what they have learned with others and for other companies to provide feedback as well. At the same time, one valuable part is that startups are also able to check the business process of others and think of solution strategies for processes. Aside from the office hours, there are one-on-one office hours that are also allotted. You can reserve office hours up to 9 times. Each team can take the opportunity of sharing their thoughts on the most suitable solutions with the partners.


To sum everything up, every Tuesday, we all have a dinner with the startups participating in the batch. This kind of opportunity to meet up with people is quite valuable for the startups. The process of startups can be quite lonely. This means that since we don’t share our office, people who visit the Bay Area come from different places like from their own apartments or offices. Developing your startup can get really lonely. Because of that, the Tuesday evening meetups at the YC office become a really important chance for everyone to meet. In that place, we are able to share the progress that our companies are making, ask and hear things off the record from well-known speakers, and also get a chance to mix and mingle with everyone. Outside, we go to a safe place where we’re not allowed to Tweet  (laughing). You get to hear about the real stories of how all startups are progressing. Above getting something beneficial for you, you are able to hear advice that you can put into practice. For example, you can hear straight from Facebook’s Mark Zuckerberg, Indiegogo’s Founder, or Twitter’s founder the stories of how it was like to put up their startups in the early days.


Also, we hold monthly workshops on topics that we select. We select from more niche topics like PR, growth, or hiring. For example for B2Bs, we talk about companies shifting to hardware and the special permits needed.


And one more program that we’re running is for alumni of our program to have strong relationships where they help each other out. This is where people have a chance to talk directly with those who participated in past batches and who have done relatively well. There were actually teams who were mentored by the founder of Stripe. These people usually walk along the same paths and so they are able to get concrete advice.



I: What’s the difference between YC and other accelerators?


K: YC is the first ever accelerator that was formed. In 2005, before anyone did anything, we tried out the accelerator model and steadily over 10 years we became more well-received.  At Cambridge, Paul Graham and Jessica Livingston carried out the first batch and from that time, amazing startups were created. Startups like Reddit, YC’s current representative Sam, who created Loopt, Justin TV, and Twitch’s founder, Justin Kan. The first people who began startups become a wonderful community. I don’t think that other accelerators would have this kind of cooperative network from its alumni. Until today, there have been more than 700 companies and 1400 people who have become founders. One unique aspect is that everyone is able to work successfully with each other.  Whether it be a problem of connecting with the outside or having problems with the SEO, all generations are able to have a connection with everyone and say “I can help you!” It’s not our partners who are our weapons but rather it is this community that really becomes our strength.


Usually, since it hasn’t been 10 years since its establishment, the community is still young. For this community, we cannot think of things in a short time frame. YC is a community that thinks in terms of a 100 years. We made it much like how universities are where there’s a community that is built.



The most important thing is your team.



I: In order to be selected as a participating team for YC, what requirements are you looking for? Is it the team, traction, or ideas?


K: We put a lot of importance on the team. The reason behind that is during the early stages, we often hear that the founders become scattered or disorganized. At that point, we take a look at whether the founder has balance, whether the members are able to understand the importance of each other’s skills and talents, or if there is good communication.  We also take a look at whether the team members have had experiences working together, how long they have known each other, and how much they understand each other. After that, we take a look at the team’s enthusiasm. Why they created this startup and would these people have problems over the next ten years of their lives? That’s something important. Running a startup is very challenging so if the team finds no meaning in what they are doing, it won’t be able to function.


In addition, the next step would be to create a strong story and that is where traction becomes essential. There is a lot of persuasive power in a product that can say they have thousands of users and are raising a said amount of capital.  The fundamental idea that we share is : “To create a product that somebody wants”. To be certain, you don’t have to talk too much to potential users. You have to concentrate on how to make the first few users happy. As a result, you can create a persuasive story from that. A good team, a burning passion for certain issues, and a powerful story – should a startup have all of these things, we welcome them within our batch.



I: What’s the #1 most important thing during the first stage of the application process (document screening)?


K: What we have often heard from past founders is that the questions from the first stage of the application process is a good exercise. We ask things regarding the business, the team, and also things that you might have never thought of before. Not just about the vision but topics like how you plan on acquiring users, is the role of the founder clear, etc. There are at least 3 different partners who take a look at each application’s answers. There are different parts that we give different values in and so giving solid advice is quite difficult. Just answer honestly (laughing).



I: What’s one important thing that Japanese startups should know about to reach the end of the selection process?


K: Until today, each batch has received more than 3000 applications. The quality of the application has to be very high. From that number, about 340 companies are called for the final interview. Until the interview, each application is being reviewed so we have to really understand what these startups are doing and what they want to do.  Aside from the demo that they give, we place a lot of importance on the way the team thinks inside, their communication, and whether or not they have a vision that can continue for 10-20 years. It’s also important that they are not fighting (laughing). They will be together in a small place for a long time so the atmosphere of the team is crucial. On the day of the interview, we ask very detailed questions about their growth rate, traction, solution plans and problems. Whether these are Japanese startups or not, these are the things that all startups get into.



I: What type of reference (recommendation) is required?


K: We require a reference from one of our alumni.  There’s a higher likelihood that an application will pass YC if they have a comment from an alumni saying, “This is a wonderful team!” Up to now, the kind of reference that job-hunting normally requires is not that important.



From Japan to the World, we offer the $1B company challenge



I: For those startups that will participate, what level of English do you require?


K: If your level of English is able to explain well what you want to do, I don’t think there will be that big of a language problem. If there is someone in the team who can talk fluently in English, give a 2 minute 30 second presentation on Demo Day, and handle a meeting with investors, I don’t think there will be that much of a problem. For this batch, we have 17 people from France. They have an accent but they were able to manage well. If a strong team is more or less poor in speaking English, as long as there is one person in the team who can speak fluently in English then it shouldn’t be a problem. Although I don’t know the exact number for all the batches, until today we have had founders from more than 27 countries participate. We have an increasing number of founders who speak in their mother language rather than English. Also, from our batch now we have at least one who has born in Japan! Although, I think that he was brought up in the Bay Area.



I: A few days ago, YC’s main representative was changed from Paul to Sam. What kind of policy changes do you think will occur?


K: I don’t think anything will change on a foundational level. We were able to add a few new partners to adapt to the scale. For this current batch, we accepted 84-85 companies so we needed more hands. We revised the investment policy to have a system where 7% of 200,000 dollars worth of shares will be received. Previously we had a policy where more than $20K was required to be invested in the YC fund. That’s where most of the main changes are. In addition, Sam is well respected in the field of energy and biotech.



I: Will participating teams have an opportunity to get mentorship from Paul Graham (co-founder of Y Combinator)?


K: Yes, during the continuous office hours, teams will get mentoring from Paul Graham.



I: The startup school is expanding and starting to be developed in London and other countries outside the US. Is there any plan to hold an exhibition in Japan?


K: Of course we have plans of expanding. Although we don’t have any concrete plans as of now, we are thinking of expanding to Asia. Japan is definitely one of the front-running countries.



I: Can you give a message to challenge those Japanese startups in joining YC?


K: We are always searching for the next $1B dollar company. And not just in America. There is a high likelihood of them being in India or Japan as well. Even without the participation in YC and that connection, there is excellent talent across the globe and they are slowly going towards startups. Of course, if there is a selection program that we can do, we can support it fully. We look forward to teams from Japan that have great passion and who are up for the challenge!




[Kat Manalac]


Google, Wired Magazine, Reddit, and joined YC after Samsung. At YC her responsibilities include: talking with select candidates and organizing events like the Startup School, Hackathons, etc. She also covers events and creates online portfolios to introduce companies. 


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


This article and picture is provided by TechWatch. Article is translated in English by TechShake with approval from TechWatch.

You can refer to the original here.



ベイエリアの投資家へのインタビューシリーズ。今回は、DropBoxAirBnBを生み出した世界トップクラスのアクセラレーターであるY CombonatorのパートナーKat Manalac氏にインタビューを行った。どのようにYCが優れたアクセラレーターなのか、YCの選考では何を重視しているのかなど、日本からYCに挑戦するスタートアップにとって有益なアドバイスをいただくことができた。

 

 


YCというコミュニティを100年単位で考えている

 


質問者(以下S):米国以外のスタートアップがYCに参加することの利点は何ですか?


Kat Manalac(以下K):それに関してはいくつかあります。米国外から米国にビジネスを拡大したいスタートアップにとって、YCはとても効率的な手段のひとつです。実際に多くのチームが米国外から参加しています。例えば、前回のバッジに参加していた韓国出身のMemebox。彼らは韓国国内だけでも順調に成長していましたが、米国市場に参入する際YCに参加するという選択肢を取りました。そして、彼らは我々のサポートを活用して米国でも上手にビジネスを展開しています。過去我々は、Dropboxや、RadditAirBnBなど素晴らしいプロダクトを生み出すお手伝いをしてきました。このようなナレッジを提供できるアクセラレータは他にないと思います。

 

また、米国外のスタートアップにとっては米国の一流投資家にアクセスできることも魅力の一つです。米国の多くのVCが海外(米国外)の優れたスタートアップに投資をしたがっています。3ヶ月のプログラムを締めくくる最後のDemo Dayでは、450500人の投資家が集まり、効率的に投資家にアプローチできるのです。YCのコネクションなしに海外のチームがこのような繋がりを利用できる機会は滅多にありません。

 

最後に、ClearTaxというインドを拠点とするチームが前回のバッジに参加していたのですが、彼らはインド国内のマーケットを重視しており、今すぐビジネスを米国に展開する予定はありませんでした。このようなケースのスタートアップでも我々は積極的にサポートしていく方針です。成長や資金調達、人々が欲しがるプロダクトの作り方、ビジョンの設定やコーディングに関することなど、スタートアップを行う上で発生する問題は世界中で共通しているので、それらに関して我々は普遍的なアドバイスができるのです。

 


SYCのプログラム期間中はどのように参加チームをサポートするのですか?


KYCのプログラム中にはグループによるオフィスアワーを設けています。これは、2週間の頻度で5〜6の他の企業と合同でパートナーとのメンタリングを行うといったものです。この機会を通じて、他のチームが何を学んでいるかを共有することができる上に、自社以外のフィードバックを同じ機会に受けることができます。異なるスタートアップが、お互いのビジネスの過程をチェックし、解決策を考えるというプロセスはとても貴重なもです。また、合同のオフィスアワー以外にも、1対1のオフィスアワーを用意しています。計9回のオフィスアワーを予約することができ、個々のチームに最適なソリューションをパートナーと共に考える機会として活用できます。

 

加えて、毎週火曜日はバッジに参加しているスタートアップ全体でのディナーを行っています。このような交流の機会はスタートアップにとって、とても価値のあるものです。スタートアップは孤独なプロセスですからね。我々はオフィスを提供していないので、異なる場所からベイエリアに訪れている彼らは、各自のアパートやオフィスにこもって孤独に開発をしているわけです。そんな彼らに対して、全員が火曜日の夜にYCのオフィスに集まることは貴重な交流の機会になっています。そこでは、事業の進捗をシェアしたり、著名なスピーカーを招きオフレコで話しを伺うといった取り組みを行っています。外部に漏れない安全な場所で、Tweet禁止でやっているんですよ()。彼らが話してくれるのは、全てがスタートアップの過程で起こりうるリアルなストーリーです。とても為になる上に実行可能なアドバイスを我々だけにこっそり話してくれます。例えば、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグや、Indiegogoの創業者、Twitterの創業者などが過去に登壇してくれました。

 

また、月毎に様々なトピックを取り上げてワークショップを実施しています。PRやグロース、ハイアリング、もっとニッチなテーマを取り上げることもあります。B2Bとか、ハードウェアの会社に向けて特許に関するものなど。

 

あ、あともうひとつプログラムを通じた卒業生との繋がりも強力な助けになっているようです。これは前回のバッジの中で、最も成功している卒業生が直接相談に乗ってくれるといったもので、実際にStripeの創業者からメンタリングを受けたチームもいます。彼らは往々にして同じ道を歩んできているので、より具体的なアドバイスを与えることができのです。

 


SYCと他のアクセラレーターの違いは何ですか?


KYCは一番初めに立ち上げられたアクセラレーターです。2005年に誰も行っていなかったアクセラレーターというモデルに挑戦し、そろそろ10周年を迎えようとしています。Paul GrahamJessica Livingstonがケンブリッジで開始した第一回のバッジから素晴らしいスタートアップを生み出しました。Redditや現在YCの代表を務めているSamが創業したLooptJustin TVTwitchの創業したJustin Kanなど。スタートアップをはじめる人からしたらとても魅力的なコミュニティになっています。他のアクセラレーターはここまで協力な卒業生のネットワークを持っていないはずです。現在までで700社以上の会社と1400人を超える創業者を生み出しており、このコミュニティに入ってくる人達は皆優秀で協力的であることが特徴です。全ての世代が繋がっており、外部とのコネクションが必要であったり、SEO対策に困っていたりすると、みんなが「私が手伝うよ!」と手をあげてくれるのです。パートナーだけがYCの武器なのではなく、このコミュニティこそが真の強みであると考えています。

 

ただ、設立からまだ10年も経っていませんので、コミュニティとしてはまだ若いですよね。コミュニティに関しては、我々はショートタームで物事を考えていません。100年単位でYCというコミュニティを考えています。例えば大学のような形です。今後、私達もそれに近い形態でコミュニティを築いていくつもりです。

 

1番重要なものはチーム

 

 

SYCの選考を受けるチームに対して、あなた達は何を要求しますか?チーム、トラクション、アイディア?

 

K:我々はチームに重きをおいています。なぜなら、アーリーステージでは創業者がバラバラになってしまうことがよく起こるからです。そこで、我々は創業者のバランスやお互いに技術に対する理解があるか、うまくコミュニケーションを取れているかなどを見ています。一緒に働いた経験があったり、どれくらい前からの知り合いなのか、どれくらいお互いのことを理解しているのかなどです。その次に、私達はチームの意気込みを見ています。なぜこのスタートアップをはじめるのか、彼らの人生の10年間をかけて挑戦する問題なのか。それが重要なんです。スタートアップはすごく大変なチャレンジなので、意味のあることに取り組んでいるという感覚なしにチームは機能しません。

 

また、その次に強力なストーリーを作るためにトラクションが重要になってきます。このプロダクトには、数千のユーザーがいる、これくらい資本を調達している、などを示すことで説得力を持たせることができるのです。我々が共有している基本的な理念は、『誰かが欲しいものを作る』といったものです。それを確かにするために、潜在的なユーザーとたくさん話さなくてはなりません。初期のユーザーをハッピーにすることのみに集中するのです。その結果、説得力のある強力なストーリーが生まれます。良いチーム、情熱を燃やせる問題意識、強力なストーリー、この全てが揃っていれば、我々はそのスタートアップをバッジに迎え入れるでしょう。

 


S:一次選考(書類選考)を通過するのに1番大切なことは何ですか?


K:過去に参加したファウンダーがよく口にするには、一次選考のアプリケーション(質問)はとても良いエクササイズになったということです。ビジネスやチームに関して、以前考えもしなかったことを聞かれたり。ビジョンだけではなく、どのようにユーザーを獲得するのか、創業者の役割は明確か、などです。最低でも3人の異なるパートナーがこれらのアプリケーション(回答)に目を通します。それぞれ異なった部分を見て評価するので、統一的なアドバイスは難しいですね。正直に回答しましょう()

 


S:日本のスタートアップが最終選考(面接)を通過するにあたって重要なことは何ですか?


K:現在、各バッジで3000を越える応募が集まります。それらのアプリケーションのクオリティーはどれもものすごく高いんです。その中で最後の面接に呼ばれるのは、340社程度。面接までには、アプリケーションに目を通しているので、彼らが何をしようとしているのかは既に分かっているわけです。デモを見せて貰う他に、考え方やチーム内でコミュニケーションが取れているか、1020年続けるビジョンを持っているかなど、チームを重点的に見ています。そこでケンカしないということも大事になってきますね()。小さな場所に長いこと一緒にいるわけですから、そういったチームの雰囲気も大事になってきます。また、面接当日はより詳細な質問を投げかけます。成長率やトラクション、解決しようとしている問題などです。これは日本のスタートアップに関わらず、どの候補者に対してもはてはまりますね。

 


S:どのようなリファレンス(推薦)が有効ですか?


K:卒業生からのリファレンスが有効です。彼らは素晴らしいチームだ!というレコメンドがYCの卒業生からあれば、通過の確率を上げることができるでしょう。従来の就職活動で必要になるようなリファレンスは我々は必要としていません。

 

日本から世界で$1Bカンパニーを創る挑戦を待っている

 

 


S:参加するスタートアップに対して、どれくらいのレベルの英語を要求しますか?


K:何がしたいのかを最低限表現できる英語力を持っていれば、言語の問題はそれほど大きくないと思います。チーム内に誰かひとり流暢に英語が話せる人間がいて、230秒のDemo Dayでのプレゼン、投資家とのミーティングをこなすことができれば問題ないでしょう。また、このバッチでは、17人のフランス出身の創業者がいます。彼らはアクセントに多少癖がありますが、十分にやっていけています。多少英語が苦手でも強力なチームと、流暢に英語が話せる人間が1人でもチームにいれば問題はありません。また、全体のバッジの数字は正確に把握していないのですが、現在のバッジに参加している創業者の出身地は27ヶ国にわたります。母国語が英語ではない創業者の参加が増えているのです。それと、このバッジには日本生まれの方が1人いますよ!育ったのはベイエリアかどこかだと思いますが。

 


S:先日、YCの代表がPaulからSamに交代しました。これによってどのように方針が変わったのですか?


K:基本的なことはまったく変わりません。スケールのために少し新たなパートナーを追加するなどはしました。今回のバッジは8485社の会社を受け入れたので人手が必要だったのです。また、投資の方針を200,000ドルで7%の株をもらう形式に変更しました。それまでは$20KにプラスしてYCのファンドから追加出資する方針でした。主要な変更はそのあたりです。また、Sam自身はエネルギーやバイオテックへの分野に感心があるようですね。

 


S:引き続きPGは参加チームに対してメンタリングを行うのですか?


K:はい。PGは引き続きオフィスアワーでメンタリングを行います。

 


S:スタートアップスクールをロンドンなど米国外にも広める動きがありますが、日本で開催する予定はありますか?


K:もちろん広げていくつもりです。今すぐ具体的なプランがあるわけではないのですが、将来はアジアのどこかで開催したいと考えています。日本も有力候補のひとつです。

 

 

SYCに挑戦しようとしている日本のスタートアップにメッセージをお願いします。


K:我々は常に次の$1Bカンパニー(1000億円企業)を探しています。アメリカだけでなく、インドや日本でもその可能性は十分にあるでしょう。我々は、YCに参加するしない関係なく、世界中で優秀な人材がスタートアップをはじめる後押しをしていくつもりです。もちろん、日本から我々のプログラムを選択していただけるのであれば全力でサポートしていきます。情熱を持ったチームが日本から挑戦しに来てくださることを楽しみにしています!

 


Kat Manalac

GoogleWired誌、RedditSamsungを経てYCに参画。YCでの役割は、優秀な候補者と話をすることや、スタートアップスクールやハッカソン等のイベントのオーガナイズ、取材対応、ポートフォリオの会社にプレスを紹介する等。Twitterアカウントはこちら。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------


※本記事はTechWatch許可の元、提供を受けてTechShakeにて掲載しております。元の記事はこちらからご確認いただけます。